【お役立ちメニュー】価格低下が進んでいる太陽光発電

【お役立ちメニュー】価格低下が進んでいる太陽光発電


【お役立ちメニュー】価格低下が進んでいる太陽光発電
最近町中を歩いていますと、太陽光発電を設置している自宅を見かける事が多くなってきていることがわかります。
また不動産情報の一つとして、予め太陽光発電が導入しており、内部もオール電化の一戸建ても多くあります。 まだまだ太陽光発電の導入は一般的とはなっていませんが、それでも続々と増えてきています。
新しいエネルギーが重要視されている現在、太陽光エネルギーが最も注目されているのです。
太陽光発電の装置というのは、設置をする際の初期費用が高額となってしまいますが、最近におきましては性能が向上し、価格も低下してきています。
日中の電力需要ピークを緩和することができ、さらには環境保護にもなることからメリットの大きな発電方法となります。

太陽光発電におきましては全国的に普及されてきていますが、実際の数値を確認してみますと普及率はまだまだ低いことがわかります。
現在では補助金制度もあり安価で購入をすることが出来ますので、今のうちに導入を検討してみてはいかがでしょうか?




【お役立ちメニュー】価格低下が進んでいる太陽光発電ブログ:17-10-2017

最近、ボクはゴルフを始めました。

友達や仕事関係の人に会った時、
挨拶がてらに「ゴルフを始めた」と話しをすると
ボクを知るほとんどの人が「意外だねぇ」と応えます。

昔、どんなに誘われても断り続けたゴルフ…
それが今では、時間を見つけては
打ちっ放しに行くまでになったのです。
それは、ひょんなことがきっかけでした。

幼稚園に通うむすことボクとパパ(ジジ)の
親子三代で出かけた時のこと…

むすこが
「ジジはぼくのおじいちゃんだけど、パパのおじいちゃん?」
と聞いてきました。

どうやらむすこにとって
「ジジ(祖父)とボク(父)」の関係が
今ひとつわからないようなのです。

「ジジはパパのパパなんだよ」と答えると、
むすこは不思議そうな顔をして
「ウソだよ。ジジはパパのパパじゃないよ」と言います。

やはり息子にとっては
少し難しいのかなと思っていると…

「パパはいつもボクと手を繋いでくれるのに、
ジジはパパと手を繋いでくれないじゃない?
ジジとパパが親子なら、なんでボクみたいに手を繋がないの?」
とむすこは半泣きになっているのです。

むすこは
父母と息子は手を繋ぐもの…と感じたようです。

むすこの泣き顔と孫の言葉に、
恥ずかしながらもボクとパパは手を繋ぎました。

何十年も繋いでなかったその手は、
ゴツゴツしたパパの手から
シワシワのおじいさんの手になっていました。

不思議と涙が出て来ました。
元気で頑固なパパも
本当におじいさんになってしまったんだなぁ…

そしてこれから先、
少しでもパパと一緒に過ごしたいと感じたのです。

ビールも飲めないボクにとって、
これからパパと楽しく時間を過ごせるもの…
それがゴルフだったのです。

【お役立ちメニュー】価格低下が進んでいる太陽光発電

【お役立ちメニュー】価格低下が進んでいる太陽光発電

★メニュー

【お役立ちメニュー】固定価格買取制度と呼ばれている支援策
【お役立ちメニュー】価格低下が進んでいる太陽光発電
【お役立ちメニュー】太陽光発電セミナーに参加してみては?
【お役立ちメニュー】悪徳な太陽光発電設置業者には十分に注意
【お役立ちメニュー】太陽光発電のシステムと設置費用
【お役立ちメニュー】太陽光発電を設置することの問題点
【お役立ちメニュー】事前に様々な情報を集めておきましょう
【お役立ちメニュー】地球環境問題に貢献出来る太陽光発電
【お役立ちメニュー】太陽光発電の工事単価
【お役立ちメニュー】太陽光発電システム以外にもエコキュート


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)だから私達は太陽光発電で節電